日蓮宗正興山勝立寺

日蓮大聖人御会式

10月10日

日蓮大聖人御会式

 
日蓮大聖人の御命日法要「お会式」を執り行っております。

日蓮聖人に報恩の誠を捧げる法会が御会式です。

御会式について松尾芭蕉が次のような俳句を残しております。

「御命講や 油のような 酒五升」

江戸の昔の賑わいぶりがうかがい知れます。

日蓮聖人は、弘安五年(1282)十月十三日の午前八時、東京池上の地で六十一歳のご生涯を終えられました。
 
弘安五年の秋、九月八日、大聖人は住みなれた身延の ご草庵をあとに、常陸の湯に入らんため身を馬上に托されました。

弘安元年の頃から下痢の病に悩まれ、一時小康を得ましたが、次第に重きを加えてきたためであります。
 
かくて同年十八日正午、武州池上宗仲の館(今日の大本山池上本門寺)に着かれました。
 
十月八日、日昭・日朗・日興・日向・日頂・日持の六人を本弟子と定め、後事を付嘱し、十月十三日辰の刻、弟子檀那の悲しみのうちに安祥として涅槃に入られました。
 
お会式は古くは御影講、御命講などとも呼ばれ、江戸時代から盛んになりました。

もともとの「お会式」の意味は「法会の儀式」の略語であり、日蓮宗に限ったものではありませんが、現在の日蓮聖人の忌日に行う報恩会の事を指すことになっています。

この日にお題目を唱えて日蓮さまにご報恩の誠をささげましょう。
あわせ法華経に帰依したご先祖様の供養をお勤め申し上げます。

1月
3月
春の彼岸会
  春の彼岸会 (春彼岸 3月18日〜24日)
6月
7月
8月
9月
秋の彼岸会
  秋の彼岸会 (秋彼岸 9月20日〜26日)
10月
12月
12月31日
トップページ > 勝立寺とは > 行事 > 日蓮大聖人御会式
納骨堂はいつでも見学していただけます。
※原則として新規納骨希望の方は勝立寺の壇信徒としてお勤めいただける方に限ります。
(以前の宗旨は問いません) 
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-1-5
お電話 092-741-6001